調べる隊

気になった情報、芸能情報を中心に配信中!

著名人

指揮者・柳澤寿男のプロフィールや大学はどこ?結婚した嫁(妻)や家族を調査!

2020年5月30日

指揮者・オーケストラ

スポンサーリンク

こんにちは、のぼるです!

 

世界的に有名な指揮者である

柳澤寿男さんを知っていますか?

 

私は今まで

全く知らなかったのですが

 

2020年6月6日の

「SWITCHインタビュー達人達」

に出演されることを聞きつけ、

初めて知りました。

 

 

そこで、こちらでは世界の指揮者・柳澤寿男さんの

  • 柳澤寿男(指揮者)のプロフや出身高校や大学はどこ?
  • 結婚した嫁(妻)や家族はいるの?

についてお伝えしていきたいと思います。

 

また、この記事の後半では、

柳澤寿男さんが2013年に新宿をジャックして行った

「交響曲第九」のフラッシュモブの希少動画をご紹介します!

ぜひ合わせてご覧くださいませ!

指揮者・柳澤寿男のプロフや出身高校や大学はどこ?

男性プロフィール

それでは、

コソボで指揮者をしていたという

謎の経歴をお持ちの柳澤寿男さん

プロフィールを出身高校や出身大学を含めて

ご紹介していきますね!

この投稿をInstagramで見る

Kintaro Shimo(@kintaroshimo)がシェアした投稿 -

名前柳澤寿男(やなぎさわ としお)
生年1971年8月23日生まれ(2020年現在・48歳)
出身地長野県下諏訪町
血液型不明
職業指揮者
学歴長野県諏訪清陵高等学校 卒業
国立音楽大学 卒業
エコール・ノルマル音楽院 卒業
公式サイト等公式サイト

(出典:公式サイト等)

柳澤寿男さんが生まれたのは、

長野県下諏訪町」です。

 

下諏訪町といえば、

諏訪湖や諏訪大社などが

有名な観光地ですね!

この投稿をInstagramで見る

賀集利樹(@toshiki.kashu)がシェアした投稿 -

この投稿をInstagramで見る

Te2hi(テツヒ)(@te2hi1439)がシェアした投稿 -

 

自然に恵まれた地域で育った柳澤寿男さんは

高校までは地元の進学校である

長野県諏訪清陵高等学校”で過ごされます。

 

長野県諏訪清陵高等学校も

調べてみたところ

偏差値64とかなり優秀でないと

合格できない敷居の高い伝統ある高校でした。

 

 

この伝統ある高校からは

・漫画家

・アナウンサー

・政治家

・社長

などそうそうたる人たちが

輩出されています。

 

 

そんな恵まれた環境で

培われた柳澤寿男さんは、

高校時代の”音楽家への道”を志し、

 

大学は

国立音楽大学(くにたちおんがくだいがく)

進学されます。

 

 

でも、実は・・・

国立は第2志望の学校だったようで、

第1志望は東京学芸大学だったようです。

 

学芸大学には受かることができずに

無念のうちに国立に進学されたようです。

 

 

進学した国立音大では

トロンボーンを専攻していたのですが、

在学中に旅行で訪れたオーストリアのウィーンでの

ある出会い”で指揮者を目指し始めます。

 

 

この時の出会いが、

指揮者で世界的に有名な小澤征爾さんの

演奏を聞いたことです!

指揮姿にひどく感銘を受けた柳澤さん。

 

このウィーン旅行がなかったら、

今の世界的に活躍する柳澤寿男さんは

生まれていなかった可能性が高いのですが・・・

 

ウィーン旅行は、

もともと柳澤寿男さんが

計画していたものではなく教授の旅行に

突然付いていくことになったという

運命的なものだったようです。

 

 

 

小澤征爾さんに刺激を受けた

柳澤寿男さんは大学で学んだものを

全て捨てさり、

 

人気アニメ「のだめカンタービレ」の

千秋真一様のように・・・

進路を指揮者へと大幅に変更します!

 

 

 

指揮者を目指すことを決めた

柳澤寿男さんは東京を離れ

フランス・パリにある音学校

エコール・ノルマル音楽院」に進学されます。

 

 

 

それにしても、

いくら小澤征爾さんに刺激を受けたとはいえ

国立音大の年間200万×4年分=800万

ほどの授業料をムダにして

 

ポンと!転身をする財力をもっている

柳澤寿男さんのご両親の仕事も

気になるところですね。。。

 

 

 

まぁ、両親の支援のおかげもあって、

柳澤寿男さんのその後は

華々しく次のような経歴をお持ちです!

 

2001年3月指揮者デビュー

2003年スイス・ヴェルビエ音楽祭のオーディション合格!

その後はジュリアード音楽院卒で

ミュンヘン・フィルの首席就任した経歴をもつ

ジェイムズ・レヴァインや

 

ニューヨーク・フィルや

ロンドン・フィルなどの要職を歴任したクルト・マズア

 

と言った著名な指揮者に

師事して技術のスキルアップをされます。

新日本フィル、
日フィル、
東フィル、
都響ほか著名オーケストラに客演したり、

2005年より旧ユーゴ周辺で活動。

2007年にバルカン室内管弦楽団を設立。

 

ほんとチョットしたキッカケが

人生を大きく変えるんだなぁ〜と

思わせる柳澤寿男さんの経歴ですね〜

スポンサーリンク

結婚した嫁(妻)や家族はいるの?

家族・ファミリー

見た来たように

指揮者への転身を計った後は

活躍している柳澤寿男さんですが

 

プライベートの方でも順調で

すでに一般人の女性とご結婚をされていて、

奥さんとの間には息子さんがいます。

 

 

柳澤さんは現在は

ご家族は日本・東京に残したまま

単身赴任をしつつコソボ・バルカンなどを

メインに指揮者活動をされているようです。

 

 

ただ、柳澤寿男さんは

 

バルカン室内管音楽監督

コソボフィル首席指揮者

ベオグラード・シンフォニエッタ名誉首席指揮者

ニーシュ響首席客演指揮者

 

などで活動されていますが、

 

 

柳澤さんの収入は高くないようで

以前出演されていた番組内では、

 

コソボフィルハーモニーでは

日本円で月収3万円で単身生活を送っていると、

コメントされていました。

 

 

一般的に言われている

オーケストラの指揮者の年収が

700万前後といわれている中

月収3万円・・・としたら

全然、柳澤寿男さんの収入は低すぎますね。。

 

今まで投資してきた国立音大の費用も

まかなうことができないくらいの額ですね。。

 

 

でも、使命をもって

コソボで指揮をやっている柳澤寿男さんだから

この金額で仕事を請け負っています。

 

それ以外の活動や生活に必要なお金は

指揮者柳澤寿男後援会」や

 

その柳澤さんの使命のため

東京にお住まいの奥様が

支えられている可能性があります。

 

これが事実なら奥様は柳澤さんに

すごく尽くされていると想像できますね。。。

 

 

 

さて、お待たせしました!

指揮者・柳澤寿男さんが率いて行った

フラッシュモブの動画です!

今では希少になった動画なのでぜひチェックしてみてくださいね。

 

こちらの記事もよく読まれています!

ぜひ合わせてご覧くださいませ!

まとめ

今回は指揮者・柳澤寿男さんの

 

についてお伝えしてきました。

いかがだったでしょうか?

 

柳澤さんは国立音大や

フランスの「エコール・ノルマル音楽院」を

卒業されていますが、

 

使命のために安月給でも

指揮者として活動をし続ける壮絶な人生を

送られていることに驚きました!

 

 

戦場に音楽の架け橋をかけるという

使命のために、今後も柳澤さんの活動は

目が離せませんね!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

-著名人

Copyright© 調べる隊 , 2020 All Rights Reserved.