調べる隊

気になった情報、芸能情報を中心に配信中!

医者

塩田達雄(大阪大学)のwikiプロフと経歴を調査!コロナの取組みも気になる

2020年5月3日

研究者

スポンサーリンク

こんにちは、のぼるです!

 

「塩田達雄」さんという

ウイルスのスペシャリストをご存知ですか?

 

HIV研究の専門誌では、

日本唯一の編集者を務めるほどの知識と経験をもった

世界的な権威の1人です!

 

塩田医師は、

これまでもHIVという未知のウイルスへの

研究に果敢に取組み、レセプターを発見されるなどの

功績を残されています。

 

その塩田医師が2020年5月10日の

「情熱大陸」に出演されると

聞きつけました!

 

なので、当サイトでは

番組より一足先に、

塩田医師について調査してみました!

  • 塩田達雄(ウイルス)のwikiプロフと経歴!
  • コロナの取組みも気になる!

の2つの点について絞って

お伝えしていきたいと思います!

塩田達雄(ウイルス)のwikiプロフと経歴!

男性プロフィール

それでは、

まず塩田達夫医師の出身大学や経歴をご紹介します!

名前塩田達夫(シオダタツオ)
生年1964年?月?日生まれ(推定年齢:56歳)
出身地東京都
職業医師
学歴1982年東京大学医学部保健学科卒業
1990年東京大学大学院医学系研究科博士課程 卒業
1989年米国カリフォルニア大学サンフランシスコ校留学(博士研究員)
経歴1990年 東京大学医科学研究所(助手→助教授)
1997年 東京大学医科学研究所感染症研究部助教授
2000年より大阪大学微生物病研究所 教授
所属協会日本分子生物学会
日本エイズ学会
日本感染症学会
日本ウイルス学会
アメリカ微生物学会
研究室の
公式HP
http://www.biken.osaka-u.ac.jp/

塩田医師は、40年という長い年月をかけて

ひたすらウイルスと向き合い続けてきた方です。

 

東京大学医学部卒業後、カルフォルニア大学留学などを

経て知識と経験を深めて、エイズウイルス(HIV)を最も詳しく研究されてきています。

 

その功績は、

  • ケモカインレセプターの発見や
  • 種々の阻害性宿主因子の同定

など、多岐に渡り

国内外で認めらているウイルスの第一人者です。

スポンサーリンク

コロナに対する塩田医師の取組みが気になる!

ウイルス

普段は、温厚で

どこか飄々(ひょうひょう)とした感じで

研究に取り組まれている塩田医師。

 

でも、2020年に入り世界的に蔓延したウイルス、

正式名称「COVID-19(coronavirus disease 2019)」

 

通称、コロナウイルスが日本を脅威に陥れて

塩田医師の状況は一変しました。

 

未知のウイルス、コロナとの戦いが始まったのです。

 

未知のウイルスとの戦いの中、いろんな人が

いろんな意見を言い・・・

 

抗HIVがコロナに効果があると言われたり、

アビガンがコロナに効果があると言われたりしましたが

その中、塩田医師は

「ウイルスとは言っても、HIVとコロナウイルスは、

たんぱく質を切る酵素の種類も異なる。

なぜ効くのか、正直わからない」

と、疑問を投げかけたりしてきました。

 

そして、ベンチャー企業と連携して

コロナウイルスにかかった人を素早く特定するための

診断キット開発に取り組まれている。

 

開発した診断キットのことか判断ができませんが、

PCR法以外の簡易コロナの診断方法については

塩田達夫医師の研究室の公式HPで下記のように

注意点などが情報発信されています。

ウイルス簡易検出法は、ステップが少ないので実験室感染などのクラスター発生を防げる。

しかし、PCR法ほど感度が良くないため

ウイルスが検出されない危険性もある

(引用元:大阪大学微生物病研究所

 

塩田医師は、現在自分の身の危険性をかえりみず

「自分にできることは・・・」と考えて、

なんとコロナウイルスの増幅実験もされているようです。

 

増幅する・・・コロナウイルスが増えている状態で

実験を進めることは塩田医師自身がかかる危険性も上がるはず。

 

それなのに、日本を、

そして医療の現場の負荷を減らすためにと

日夜ワクチン開発とコロナ診断キットの開発に

携わられています。

 

こちらもよく読まれています!

是非合わせてご覧くださいませ!

まとめ

ここまでの内容をまとめると、

塩田達夫さんは、東京都出身のウイルスの第一人者です!

塩田達夫さんは、現在はHIVでレセプターを発見した経験などを活かして、コロナ撲滅のために貢献している!

そのために塩田さん自身の身の危険もかえりみずに

研究に取り組んでいる!

ということですね。

 

自分の命を危険にさらしてまで、

研究に取組む塩田達夫さんには、

ほんと頑張って欲しいと思います。

 

そして、私たちは、自分たちができる

「感染を広げない」

ことをしていきたいですね!

 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

スポンサーリンク

-医者

Copyright© 調べる隊 , 2020 All Rights Reserved.